結婚祝いお返しの相場ってどれくらい?

結婚祝いのお返しを考えるとき、相場ってどれくらいなの?と悩んでしまう読者は多いと思います。

結婚祝いを頂いたからにはきちんとお返しをしたいけれど、相場を間違って失礼にあたるようなことはしたくないですよね。

基本的には三分の一~半返しが一般的な相場です

基本的に結婚祝いのお返しの相場は、三分の一~半返しが一般的だとされています。

けれども最近ではお祝いの半額程度の品物を返す「半返し」が主流になって来ていますね。

相手次第という部分もありますが、マナーがなっていないと思われないように多めの半返しで返す人が増えているようです。

親戚への結婚祝いのお返し相場

親戚への結婚祝いのお返し相場は、基本的には半返しを目安にして下さい。ただしこれは相手によって大きく異なります。

例えば「本当にお返しはいらないよ」と心から行ってくださった相手にはお礼状とちょっとしたお菓子をお返しするだけでもOKです。

その家庭や地域によって風習があったり、結婚祝いのお返しの相場が決まっていたりする場合もあるので、

特に義実家の結婚祝いのお返しについてはきちんと両親に聞いておくことをおすすめします。

カタログギフトでの結婚祝いお返しがおすすめ

親戚への結婚祝いのお返しで品物に悩んでしまったら、カタログギフトを選ぶのがおすすめです。

好きな物を選んでもらえて、金額もはっきりしているので、半返しにこだわる親戚へのお返しにはピッタリだと思います。

ただし目上の方でギフト券やカタログギフトはマナー違反だと考える方もいるようなので、両親に確認してから贈るのがおすすめですね。

友達への結婚祝いのお返し相場

友達への結婚祝いのお返し相場は、半返しをする人が多いようですね。

例えば自分は相手の結婚式に参加したけれど、自分は結婚式を挙げなかったという場合なら三分の一程度の額のお返しでも問題ないかもしれません。

ちょっとした品物のお祝いの場合も三分の一程度の額のお返しで問題ないでしょう。

お互いに「お返しはしない」と決めているという友人もいるようですし、

友達への結婚祝いのお返しも相手によって金額は大きく異なるケースが多いようです。

迷ってしまったら無難に半返しをするのがおすすめですね。

お菓子や実用的なアイテムを結婚祝いのお返しに

友達への結婚祝いのお返しには、家族で食べられるお菓子や日用品などの実用的なアイテムを選ぶのがおすすめです。

金額もそこまで高額ではない場合が多いと思うので、お祝いの半額程度でお菓子と実用的なアイテムをセットにしてお返しするのも良いですね。

職場への結婚祝いのお返し相場

職場の方から連名で結婚祝いを貰ったら、お返しはどのようにするのが良いと思いますか?

例えば10人から1万円程度のお祝いを頂いたとしたら、1人当たりの金額は1,000円ということになります。

なので、一人当たり500円程度のプチギフトを返せば当たり障りのない結婚祝いのお返しができるでしょう。

そう言ったことにあまりうるさくない職場であれば、新婚旅行のお土産などをお返しとして渡すのもアリです。

そこまで高額な金額でなければ、半返しにこだわる必要はないと思います。

プチギフトで感謝の気持ちを伝えよう

職場から連名でもらった結婚祝いのお返しには、プチギフトを選ぶのがおすすめです。

大きなギフトのお菓子を買って行って「皆さんで食べてください」と言うのもアリですが、

人数が多ければ多い程感謝の気持ちが伝わりにくくなってしまいます。

連名の人数が10人以上いるのであれば、ちょっとしたプチギフトをきちんと感謝の言葉と共に

直接渡すのが結婚祝いのお返しとしては良いと思いますよ。

結婚祝いのお返しを贈る時期は?

遅くても1か月以内に返すのがマナー 結婚祝いのお返しを贈る時期として適切なのは、基本的にお祝いを頂いてから1か月以内となっています。

結婚式で貰ったお祝いのお返しは、結婚式から1か月以内に返すのが基本と言うことですね。

早いに越したことはないのですが、あまりにも早すぎると「金額を予想して用意していた?」

なんて思われてしまいかねませんので、期間を少し開けてから返すようにしましょう。

できるだけ直接渡せるように

結婚祝いのお返しはできるだけ直接渡せるように調整しましょう。感謝の気持ちと共に、相手の顔を見て渡すのが基本です。

どうしても予定が合わせられなかったり、遠方で直接渡せない場合には手紙を同封して郵送しましょう。

結婚祝いお返しの相場やマナーを理解しておこう


結婚祝いのお返しを返す時期と言うのは、色々なことが重なって忙しくなってしまう場合が多いです。

なので事前に結婚祝いのお返しの相場やマナーについてはしっかりと学んでおくことをおすすめします。