会費制の結婚式とは?

近年、増えてきている会費制の結婚式。気心の知れた友人や知人、親族などだけを招待してカジュアルに楽しめるパーティ形式の結婚式です。

会費制にすることで格式や堅苦しさを感じさせずに、アットホームな雰囲気で結婚式が行なわれるので、

ゲストの方も新郎新婦の2人もリラックスしながら楽しめるスタイル。

主に北海道などでは昔から会費制の結婚式は多く、披露宴と2次会の両方の要素を併せ持つ「1.5次会」などとも呼ばれ、

最近の結婚式事情に新たな風となり人気を集めています。

今回はそんな会費制の結婚式へ招待されたときのマナーやご祝儀での疑問、そして人気の魅力に迫ってみたいと思います!

会費制の招待状が届いたけど、返信は普通で良い?

通常の結婚式の招待状を頂いたときと同様、会費制の結婚式の招待状が届いたとき、普通の結婚式の返信と同じように返してもいいの?

と疑問に思われた場合は、大丈夫です。

通常と同じように返事を出してくださいね。

会費制の場合、会費◯◯円と記載されていると思いますので、結婚式に関してはその金額をご用意するだけで◎。

もし、どうしても行けない事情がありお断りする場合は、お祝い金やお祝いの品をお渡ししましょう。

包む金額は1万円〜1万5千円くらいが好ましいと思います。

返信と共にお祝い品を贈っても良い?

返信を出す時に一緒にお祝いの品を贈りたいと思われる方もいらっしゃると思いますが、これは少し難しいところ。

お祝いの品を頂いたら、お祝い返しをすることになりますので新郎新婦側に気を使わせてしまうことになる可能性も。

どうしてもお祝い品を渡したい場合は、挙式よりも前に直接会って手渡しで贈るのが良いと思います。

その時に「お返しは一切いらないから、お祝いの気持ちなので受け取ってね」など伝えて相手に気遣いをさせないように心がけるのがよいと思います。

気になる会費の相場はどのくらい?

一般的な会費制での金額相場の目安 会場や料理の内容によって変わってきますが、

基本的な相場は 1位:5,000円~10000円未満 2位:10,000円~15000円未満 3位:15,000円~20000円未満 となっているようです。

新郎新婦が会費を決めるときに重要になってくるポイントは料理。

料理によって費用はかなり変わってきますので、会費にも関係してきます。

例えば都内などで会費が1万円以下で招待された場合は、新郎新婦が費用を大きく負担している場合も。

ゲストに対してのおもてなしの気持ちがとても伝わります。

結婚式が会費制の場合、お金は袋に入れるの?

基本的には入れなくてOK! 会費制の場合、お金は受付で渡すのが一般的。

その時に受付担当の方がその場で金額を確認しなければならないので、袋に入れて渡すと少し手間をとらせてしまうことに。

お財布からそのまま手渡す方も多いので、とくに必要はありません。

どうしても気になる方は無地の封筒に入れて持って行かれると良いと思います。

招待状と共に会費は「同封の袋をご利用下さい」と一緒に届く場合があります、その際は同封された袋に入れてお渡しくださいね。

お札はこだわらなくても良い?

通常のご祝儀ではお札は新券が良いとされていますが、会費制の場合はそれほどこだわらなくても良いと思います。

しかしお祝い事ですので、折り目や使用感がかなりあるものより新券、もしくはピン札を用意するのが好ましいと思います。

会費に関して1番のマナーは会費金額通りに渡すこと

袋やお札に関しては渡す側の気持ちですので、ご自身がこうしよう!と思う考えでOKだと思います。

会費で気を付けたいマナーは、

お釣りが出てしまうこと。そしてそのお釣りを心ばかりの気持ちとして受け取って欲しいと渡そうとすること。あえて多めに包んで持っていくこと。

これらは全てNGで、幹事の方や集計をする方にとても迷惑をかけてしまう行為。

会費は金額通りに受付の方に渡してスムーズに進むように配慮が必要です。

多めにお祝い金を渡したい時は会費とは別でご祝儀袋に入れて持参してくださいね。

会費制結婚式でご祝儀は用意するべき?

「会費=ご祝儀」の認識で良い 会費制の結婚式に招待された際に気になるのが、ご祝儀は必要なのかどうか。

会費制の場合、新郎新婦側はお返し等を省略するのも含めて会費制にしている場合もあるので、お祝い品やご祝儀を用意する必要はありません。

そして「気軽に気を使わずに来てね」という気持ちも。

招待状に「ご祝儀不要」などの言葉がある場合もあるので、ここは気遣いなしで会費のみをお渡ししてくださいね。

会費とは別でお祝い金を渡したい

とはいえ会費だけでは気持ちがおさまらないし、特に親しい付き合いをしている人は日頃の感謝や、

お祝いの気持ちを込めてご祝儀として受け取って欲しいと思いますよね。

その場合は、挙式日より前に手渡しするのが好ましいと思います。

当日は主役2人はとても忙しく、しっかりとお礼や話しが出来ないと思うので気持ち的に負担になってしまいます。

お祝いの品も荷物になってしまうので、挙式日より前に事前に渡しておくのが◎

その際には「お返しは一切いらないよ」と伝えて受け取ってもらってくださいね。

人気上昇中の1.5次会はゲストへの配慮が素晴らしい!

会費婚を「1.5次会」という位置づけで最近とても増えてきているといいます。

カジュアルで今どきな感じも漂いますが、ゲストに対してのおもいやりがとても詰まった結婚式スタイルだと感じます。

新郎新婦の2人もゲストも本当の笑顔がこぼれる素敵な1日になることでしょう。