【両親へプレゼント】どんなアイテムが喜ばれる?徹底調査!


結婚式はお二人の新しい門出を祝うパーティーです。

お嫁やお婿に出されるご両親は、嬉しい喜ばしい気持ちと共に、寂しくて寂しくて仕方ない感情があるかもしれません。

ご両親へのプレゼントは、感謝とこれからも宜しくお願いしますの気持ちを込めて、どのような物がいいでしょうか?

彼女に”こんなのどうかな?”とお二人の気持ちとご両親に合うようなプレゼントを選びましょう。

【結婚式】両親へ実践したいサプライズアイデアとは?

感謝の気持ちを手紙に綴る

ご両親へ感謝のお手紙は女性はする方が多いかもしれませんが、男性はなかなかやられるかたは少ないとは思います。

しかし、女性以上に男性はご両親へ感謝の気持ちを伝える機会が少ないのではないかと思います。

恥ずかしい・照れ臭い気持ちがあって、なかなか言う事はないけど、結婚式というせっかくの機会ですし、

感謝のお手紙を贈られるとご両親もとても喜んでくれると思います。

両親への手作りポエム

依頼して購入するタイプですがプロに頼まなくても自分で手作りされるのもご両親にとっては、むしろそちらの方が嬉しいと思うかもしれません。

両親の名前を使って感謝ポエムでも良いですし、ご結婚するお二人の名前を使ってこれからもよろしくねのポエムでも嬉しいと思います。

ピアノ演奏のプレゼント

ピアノは結婚式場にある事も多く、披露宴会場に置いてある場合もある楽器です。

ピアノが得意でない人でも、ぎこちなくても練習し、頑張っている姿にご両親は感動するのだと思います。

子供の頃に習っていた方は、幼少期を思い出し涙されるご両親もおられるかもしれません

。ゆっくりでもたとえ上手に弾けなくても一生懸命に弾けば、気持ちは伝わります。

結婚式で両親へプレゼント

メッセージ入りの焼酎

お酒好きのご両親にはお酒のプレゼントはいかがでしょうか?

メッセージや名前、日付を入れる事もできるので結婚式にはピッタリの商品だと思います。

”同じ日の3年後に一緒に飲もう”と言葉を添えてプレゼントしても素敵だと思います。

焼酎だけでなく、日本酒やワインが好きなご両親には好みによって変えられる事もお酒の魅力だと思います。

目でも耳でも楽しめる「オルゴール」

曲目は、メーカーの指定の中ではありますが選ぶことができるオルゴール付きジュエリーボックスです。

箱を開ける度に心地よいオルゴール音を聞き、お二人の結婚式を思い出されるかもしれませんね。

ラッピング・メッセージカードを無料でつける事ができるのも嬉しい魅力ポイントだと思います。

思い出の写真を添えて「フォトフレーム」

幼少期の家族写真を入れても素敵ですし、事前に家族写真を撮っておき、それを入れてプレゼントするのも良いと思います。

お互いの両家が揃ったみんなでの家族写真も”これからはお互いに家族として宜しく”という気持ちが込められてて粋だなと思います。

ベビーミッキー等のウエイトドール

自分の生まれた時の重さで作ってくれるウェイトドールは、ずっしりとした重さに幼き頃を思い出させるお人形になります。

ミニーちゃん以外にも、ぷーさんやミニーちゃん、テディーベア、スヌーピー、リラックマ、ミッフィー、

ジャイアンツのマスコットであるジャビット君など種類も豊富です。

リボンや蝶ネクタイ、足の裏に誕生日やメッセージを刺繍してくれるサービスもあるので、思い出深いプレゼントになると思います。

成長を感じてもらえる「ベビー肌着」

自分たちが実際に着ていた肌着を額などに入れてプレゼントも素敵だとは思いますが、すでに無いご家庭が多いかと思います。

赤ちゃんの頃に着ていたデザインに似たような物やお二人のお好きな物を選び、

メッセージと共に額に入れプレゼントや、お米の入った袋に着させてプレゼントも実用的でよろしいかと思います。

その際はお米のグラムを自分達の生まれた時の重さに調節してあげるのもいいかも?!

長持ちする&お部屋も華やかに「プリザードフラワー」

お花はキレイだけれど枯れてしまうのが寂しい、持ち帰る時も大変などのお悩みを解消するブリザードフラワー。

お花のみもありますし、上記のようなお写真を一緒に入れられるタイプ、

LED照明が内蔵され光るお花やミッキーなどキャラクター付きのタイプなどお二人の好みやご両親に合わせて選ぶことが出来ます。

結婚式でNGなプレゼントとは?

縁が切れるという意味に「はさみや包丁」

色々と説明をしなくてもお分かりになるかと思いますが、縁切りを連想させるような物はよろしくないかと思います。

ハサミや包丁だけでなく刃物は避けた方がいいと思います。

ご両親が美容師や理容師、庭師、料理人など商売道具として使ってほしいという場合には、

メッセージに一言添えてお渡しした方がいいかと思います。

別れを連想させる「白いハンカチ」

ハンカチは漢字で「手巾」と書き、てぎれと読むことなどから、別れを連想させるアイテムとしてあまりよろしくありません。

白ではなく、黄色や鮮やかなハンカチは幸運のイメージなどいいかもしれませんが、

ハンカチに対し、気にするご両親もおられるかもしれませんので別のモノにした方が無難かもしれません。

割れる・壊れるというイメージに「ガラスや陶器」

割れる・壊れるを連想させる物は避けるべきと言われています。

ガラスや陶器以外にも鏡なども割れる事からあまりいいイメージは持たれないようです。

”何でも壊れたりするんじゃ?”と思うかもしれませんが、

ガラスや陶器は割れた際に粉々になってしまったり修復が難しい事から縁起がよくないと言われているようです。

ペアグラスや湯飲みをプレゼントしたい時には、メッセージやお渡しの際に「気をつけて」とお声をおかけになった方がいいかと思います。

結婚式用プレゼントは値段よりも気持ち重視で。


贈り物をする時に金額の事を考えてしまうのは当然の事だと思います。

高価な物は相手も困るだろうし、あまりに低価な物を贈ったら失礼じゃないかと考えてしまうのもよく分かります。

しかし、結婚式でのご両親へのプレゼントは、金額も大切ですがまず気持ちです。

感謝の気持ち、宜しくの気持ちを込めて贈るものですから心がこもっていればご両親は喜んでくれると思います。

ご自分のご両親だけでなく、彼女のご両親へのプレゼントも一緒に考え、素敵な結婚式、新婚生活がスタートできるよう願っております。