結婚のお祝い返しとは

結婚のお祝い返しってなんでしょうか?

世間的に言われているのを少し聞きかじっただけでただ漠然としたイメージだけがあるという人も多いことでしょう。

具体的に言いますと結婚のお祝いを頂いた方の中で、披露宴に出席出来なかった方へ送るお祝いのお返しです。

これは出産祝いを頂いた方も同様で、お祝い返しの事を(内祝い)とも言います。

これは、堅苦しく考えてしまうことはないんです。

これはいたってシンプルな事柄で、もらったものに対するお返しであり、してもらったことに対する「ありがとう」の意味です。

そしてその意味合いとは別に、違った見方をするとそれをサクっと華麗にこなしさえすれば、

ひとまず世間的に大人として格好がつく、ついてしまうという考えようによってはある種のチャンスとも言える事柄です。

どうですか?知っておいて損はないでしょう? それでは、覚えておいて損はないお祝い返しに関する事柄をまとめていきましょう。

お祝い返しの贈り方

結婚披露宴後、一ヶ月以内に贈る

それでは、ここから事細かなルールについてみていきましょう。 まずはお祝いを返す時期です。

これははっきりと明確な決まり事であるわけではないのですが、社会の暗黙のルールとでもいいましょうか?

だいたいこの辺と言うものがあります。

それは結婚披露宴後の(一ヶ月)以内です。

おそらく、記憶としてまだ新鮮であり記憶の浅い部分にとどまっている時期として自然と慣例化したのでは?

無事結婚式を済ませ、新しい生活に乗り出すことが出来たという報告も兼ねているはずです。

そうなるとあまり遅すぎるのは「おいおい、忘れてないか?」みたいな不安を感じさせるため、この場合マナー違反ということになります。

まぁ、あまり深刻にとらえずお祝いへのお返しと新生活の報告として捉えておきましょう。

のしの表書きは「内祝」「寿」が一般的

なかなか数多くのマナー、礼儀の中でも「のし」に関する事柄は、なんとなくややこしいという先入観があるかもしれません。

体面を重んじる日本特有の「パッケージ」に関する心遣いです。

まずは、お祝い返しを送る時に使うのしの種類ですが、これは「紅白水引10本結び切り」というものを使います。

まあこれは覚えておく必要は特にありません。ギフトショップの店員さんに「結婚のお祝い返しを送りたいのですが?」と伝えましょう。

それで完了です。餅は餅屋。店員さんに丸投げでいいんです。

そうして、準備ができたら次は何をか書くかですが、表書きに「内祝い」、または「寿」でもいいらしいのでそのどちらかを書きましょう。

それが書けたら次は自分たちの名前を書くのですが、紅白の水引の下に自分たちの姓のみ、または夫婦連名で書くのが一般的とされています。

礼儀やマナーというものは、高得点を目指さずに及第点を狙うくらいの感じで、気楽に構えていればいいと思います。

人間、カチコチになってる時ほど失敗するものですからね?

相場は頂いた額の半額から三分の一くらい

人間、嬉しことや楽しいことを人に伝えたい時、分かってほしいという気持ちからやり過ぎてしまうことがままあります。

しかしそれは「過ぎたるは及ばざるが如し」で、相手がある場合においては失礼になってしまうと言うものです。

そこで、あらゆる物事には、ちょうど良さの指針である「相場」というものが存在します。

言うなれば人と人との距離感のガイドラインと言ったところでしょうか?

結婚のお祝い返しの相場はどれぐらいでしょうか?

一般的に頂いた額の半額から三分の一くらいが妥当とされています。

半額から三分の一という額面の幅はそれぞれ自分たちと相手の距離感から測るのがいいでしょう。

メッセージを添える

お祝い返しは形式的な事柄も大事ですが、伝えた思いを言葉にして伝える事も重要です。

メッセージカードや手紙などを添えて親しい人に気持ちを伝えましょう。

主に感謝の言葉や、これからの生活への抱負など気持ちを言葉にして伝えましょう。

二人のラブラブっぷりを伝えるのもいいですが大人として決めるべきチャンスでもあるので

人生に対する真摯な思いを書くのも社会で生きていく上で大切であるといえます。

特に失礼に当たらなければ格式張らずに砕けた文体でもいい場合もありますが、

会社の上司や目上の人などにはネットで調べれば文例集などがありますから参考にするのも良いでしょう。

もらって嬉しい人気のお祝い返し

カタログギフト 結婚式の引出物やお祝い返しの定番となったカタログギフト。

やはりもらっても使わないというのはもったいないものです。

その点、カタログギフトはもらう側の意思決定が出来るという点で人気があるのも頷けます。

商品券、ギフトカード

これも、カタログギフト同様使いみちを選べる贈り物です。

やはりもらう側が自分で使えるというのが昨今のトレンドであるのかもしれませんね?

スイーツ

長く使うものよりは、一回だけだけど五感を楽しませたい!という方に喜ばれるのがスイーツです。

年齢的には、年配よりは若い方に大変喜ばれる品物です。

洗剤、その他消耗品

今まで上げて来た品物からもわかるように、今時のお祝い返しは大変「実利的」であることが求められるようです。

不景気が長く続く日本であるからこその適応なのかもしれないですね?

結婚のお祝い返しは大人としての心得

今回、結婚のお祝い返しということを通して大人の礼節というものに触れてきました。

わりと敬遠されがちな面倒なものではありますが、

それをしかしポイント、ポイントでしっかりとマスターしておくとそつない大人として、カッコがいいものです。

マナーをとおしてダンディズムや色気にさえつながります。

この際あらゆるマナーを身につけてカッコいい大人の男を目指してみませんか?