結婚式で友人代表のスピーチを頼まれたら

友人代表スピーチは何を話したらいいんだろう

友人から結婚式の友人代表スピーチを聞かれたら、友人の門出を祝福したいという気持ちがある一方で人前で話すのは緊張する、

何を話したらいいんだとろうという気持ちが出てくると思います。

今回はそんな人向けに結婚式の友人代表スピーチで何を話したらいいのか、

そして実際の文例はどのようなものがあるのかを紹介させていただきます。

スピーチに慣れていないのであれば手紙に書くのが無難

まずスピーチの内容を考える前に自分がスピーチに慣れていないなと感じるのであれば、

何も持たずに本番に臨むより手紙に書いてそれを読むスタイルをオススメします。

ただ手紙を読む場合は棒読みになってしまわないか気を付ける必要がありますが、

内容を忘れてしまうという事がありませんし何より緊張がほぐれるでしょう。

少しでも不安のある人はスピーチ内容を手紙に書くようにしましょう。

またその時に使った手紙は便せんに入れて新郎新婦にプレゼントすると喜ばれます。手紙を渡す際には結婚式当日渡します。

レターセットの柄も白やピンクなど華やかなものを選んで写真に写っても恥ずかしくないものにするのがいいでしょう。

そして封筒には必ず新郎新婦の名前を記入して「○○さんへ」と書くようにしましょう。

送り主には「友人代表××」とあなたの名前を書くことも忘れないようにしましょう。

スピーチの文章構成は3つのポイントを押さえればOK

さていよいよスピーチの文章を考えるわけですが、スピーチの文章はそんなに難しいものではありません。

3つのポイントを押さえれば綺麗な文章が完成しますので、それだけ押さえるように意識しましょう。

ポイント1.新郎新婦とご両家の親族にお祝いの言葉を述べる

まずはじめに新郎新婦とご両家に対してお祝いの言葉を述べることからスピーチをスタートさせます。

本番では話をする前に新郎新婦の顔を一度見ておくと緊張がほぐれてよいでしょう。

文例としては「○○さん、△△さんご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様にも心からお祝い申し上げます」といったものになります。

新郎新婦だけではなく、ご両家の親族にもお祝いの言葉を述べることを忘れないようにしましょう。

ポイント2.自己紹介からエピソードを交えたはなむけの言葉を述べる

お祝いの言葉が終了したら簡単な自己紹介の後に、実際に起きたエピソードを交えたはなむけの言葉を送ります。

エピソードは一つ披露すれば十分ですので、そのエピソードから感じた新郎新婦のいいところをはなむけの言葉に交えて話しましょう。

文例としては「先ほどご紹介にあずかりました新郎○○さんの大学時代の友人の××と申します。

○○さんと私は同じラグビー部に所属しておりまして、○○さんは後輩の悩みを聞いてあげたりチームのために

自分のポジションを変更したりといつも仲間の事を考え献身的な働きをしてくれていました。

そんな人の気持ちを考えることができる○○さんが作る家庭はきっと素晴らしいものになるでしょう。」といった内容になります。

ポイント3.最後はビシッと締めの言葉を述べてスピーチ終了

ここまでくればもう少しです。最後に向けてしっかりと締めの言葉を述べましょう。

最後には自分のスピーチが終了した言葉を入れると聞いている側としてもわかりやすいので必ず入れるようにしましょう。

締めの言葉の文例としては

「これからも2人らしい笑いの絶えない家庭を作ってください。2人の幸せを友人一同心より願っています。

簡単ではございますが、これをもちまして私の謝辞とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。」

といった内容です。

結婚式の友人スピーチの文例を紹介

幼馴染の友人に向けたスピーチの文例

それではここで友人スピーチの例文を2つ紹介させていただきます。

ポイントを押さえた上での文章にしておりますので、確認しながら参考にしてください。

○○さん、△△さんご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様にも心からお祝い申し上げます。

先ほどご紹介に預かりました新郎の友人の××と申します。本日はお招きいただきありがとうござます。

○○君と私は家が近所で幼稚園から中学校まで同じ学校に通っていました。

昔から仲が良かった私たちはよく放課後にキャッチボールをしたりサッカーをして遊んでいました。

○○君は私も含めたグループのリーダーで一緒に入っていた少年野球チームでもキャプテンとしてみんなを引っ張っていました。

実際私も悩み事があるとよく○○君に相談していました。そんな○○君であれば家庭の大黒柱として△△さんを引っ張っていってくれるでしょう。

これからも明るく楽しく、笑いの絶えない家庭を作ってください。お2人の門出をお祝いできて本当に嬉しく思っています。

簡単で恐縮ですが、これをもちまして私の祝辞とさせて頂きます。

会社で知り合った友人に向けてのスピーチ文例

○○さん、△△さんご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様にも心からお祝い申し上げます。

本日はこんな素敵な式にお招きいただき誠にありがとうございます。先ほどご紹介に預かりました新郎の同僚で友人の××と申します。

私が○○さんと知り合ったのは●●社の新卒社員として臨んだ入社式の事でした。

当時同期に知り合いがおらずワタワタしていた私に笑顔で話しかけてくれたのが○○さんでした。

その後○○さんは他の同期に自分を紹介してくれ、私も他の同期と仲良くなることができました。

そんな○○さんの家庭であれば笑顔あふれる家庭になることでしょう。 ○○さん、△△さん本日は本当におめでとうございます。

友人一同2人の幸せを心から願っております。以上簡単ではございますが、私の謝辞とさせていただきます。

スマートにスピーチをして新郎新婦を祝福しよう

以上のポイントを押さえておけば、結婚式本番では問題なくスピーチをすることができるでしょう。

ポイントをしっかり押さえてスマートなスピーチを実践してみましょう。