結婚式の心付けってそもそも何??


結婚式の準備をしていて、始めて「心付け」という言葉を聞いた方もいるかもしれません。

お世話になる相手に対して感謝の気持ちを込めて渡したり、幸せをおすそ分けする意味で渡したり、心付けを渡すのには諸説ありますが、

ちょっとした金額を包むことが一般的とされています。

今回は、結婚式の心付けの様々な疑問を解決します。マナーを知って、スマートな行動をとることを目指しましょう。

結婚式の心付けって渡す必要があるの!?

結婚式はそもそもいろいろなお金を相手に支払っていて、その中にはサービス料も含まれています。

結婚式当日にお世話になる人たちにも、それぞれいくら支払うかについて請求書にきちんと明記してあることがほとんどでしょう。

それなのに、結婚式当日にも心付けは実際のところ渡す必要があるのでしょうか。

絶対に渡さなければいけないものではない

心付けはあくまでも感謝の気持ちであり、絶対に渡さなければいけないものではありません。

前述した通り、結婚式場にはきちんと仕事に対する対価は払っています。

心付けを渡さなかったからといって、適当な対応をされるということはないので、

あくまでも自分たちがどうしたいかを考えて行動をするようにしましょう。

会場によっては金銭の受け渡しを禁止している場合も

結婚式をする会場によっては、個人同士での金銭の受け渡しを禁止しているところもあります。

その場合は無理やり渡そうとしても困らせてしまうだけなので、その規則に従うようにしてください。

心付けを渡す相手と相場とは

結婚式の心付けは3000円から10000円くらいが相場のようです。

いくつか金額を分けて用意しておくと良いでしょう。

・美容師 5000円~1万円

・着付係 5000円~1万円

・会場担当者 5000円~1万円

・司会者 3000円~1万円

・カメラマン 3000円~1万円

・演奏者 3000円~1万円

・運転手 2000円~3000円

ウェディングプランナー(5000円から10000円)

結婚式の準備をするにあたって、様々な悩みを解決してくれたり、

結婚式や披露宴をどうやって進めていけばいいのかを導いてくれるウェディングプランナー。

何度も打ち合わせをするため、結婚式の準備では一番お世話になっていると感じる相手なのではないでしょうか。

ただし、当日は会場担当者の方に引き継がれて不在なことも多く、渡すタイミングに困ってしまうことも……。

事前に担当者と会う最後の日を確認しておきましょう。

会場担当者(5000円から10000円)

会場責任者やキャプテンとも呼ばれ、

結婚式当日に会場の全体を様子を見て進行を進めたり、料理を出すタイミングなどを調整してくれる人です。

人数が多ければ多いほど大変なことから、金額も人数に合わせて上げて渡すことが一般的です。

介添人(3000円から5000円)

結婚式当日に、花嫁のお世話係をする人のことを介添人と言います。

ウェディングドレスが綺麗に見れるように移動のたびに裾を直してくれたり、

花嫁が必要なハンカチや携帯などを代わりに持って移動してくれたり、結婚式や披露宴が円滑に進むようにサポートをしてくれます。

3000円から5000円くらいを心付けに包むことが一般的なようです。

ヘアメイク・着付け(5000円~10000円)

新郎新婦のヘアメイクや着付けをしてくれる人にも心付けを渡すことが多いようです。

アシスタントがいる場合もあるので、いくつか予備の分のぽち袋を用意しておくと良いでしょう。

司会者

当日プロの司会者にお願いする場合に心付けを渡します。

ただし、友人に頼んだ場合は披露宴の間飲食などがなかなかできないことを考えて、

お祝儀をもらわなかったりお車代として3万円くらいを包むようにしましょう。

心付けはどんな袋に入れればいいの?

結び切りのポチ袋に「御礼」か「寿」と書き、自分たちの名前を書いたものを渡します。

相手によって金額を変えているのであれば、自分でわかりやすいようにしておくとよいでしょう。

また、当日になってお世話になる人か把握している人数よりも増えることもあります。

少し多めにポチ袋に入れて心付けを用意しておけば慌てることもありません。

心付けはどのように渡す?タイミングが知りたい!

お世話になる前に直接渡そう 本来であればお世話になった後に、お礼として渡したい心付けではありますが、

当日は花嫁も花婿もとにかく慌ただしく動き回ります。

結婚式や披露宴が終われば、スタッフは撤収の作業や、場合によっては次の結婚式の準備をしているためその場限りで終わってしまうこともあります。

また、式の間は余計なものを持っていることもできないので、

タイミングを逃すことのないように式が始まる前やお世話になる前に直接渡すと良いでしょう。

こっそりと渡す心遣いを

式場によっては心付けを受け取らない規則の場合もあるので、心付けを辞退されたら無理強いはしないようにしましょう。

当日は何人ものスタッフが働いているので、こっそりと渡す配慮もしてあげると相手も受け取りやすいはずです。

結婚式の心付けは気持ちが大切

結婚式の心付けは決して決まりではありません。

式場はサービス料もきちんと取っているので、渡さなければ非常識というわけではないのです。

ただし、自分たちがお世話になった感謝の気持ちを表したかったり、

幸せのおすそ分けをしたいと考えているのであれば、ぜひ心付けを渡してみてください。

お金を渡すことに抵抗があるのであれば、菓子折りを用意して「みなさんで食べてください」と渡すのもいいでしょう。

気持ち良く結婚式を終えることができるように、自分たちがどうしたいかをあらかじめ二人で考えてみてはいかがでしょうか。