結婚式の手作りアイディアをご紹介します!

一生に一度の結婚式は手作りのアイディアを駆使して素敵なものにしたい!そう考えている読者は多いはずです。

自分ではそんな希望は無かったけれど、彼女からそう言われたという方もきっといますよね。

今回はそんな皆さんのために結婚式の手作りアイディアをご紹介します。

手作りアイディアを積極的に提案することができれば、

彼女も「結婚式についてちゃんと考えてくれてる」と彼氏に惚れ直すきかっけになるかも♡

ぜひ参考にしてみて下さいね。

結婚式アイディア①招待状を手作り

結婚式の手作りアイディアとして提案しやすいのが、招待状の手作りです。

招待状は結婚式場からまとめて発送して貰うこともできますが、こだわった物を自分達で手作りすると言うのも素敵なアイディアだと思います。

ネットで手作り用のキットを購入するのも良いですし、封筒や便せんなどをお店でじっくり選ぶと言う方法を取る方もいるようです。

キットでも充分におしゃれで素敵な手作り招待状が完成しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

結婚式アイディア②ウェルカムボードを手作り

次にご紹介する結婚式の手作りアイディアは、ウェルカムボードの手作りです。

ウェルカムボードって友人に頼んで作ってもらう場合もありますが、自分達で手作りすると言う新郎新婦も増えてきているんです。

一番最初にゲストを迎えるウェルカムボードは、やっぱり新郎新婦らしさを表したオリジナリティのあるアイテムを手作りしたいですよね。

似顔絵や写真、メッセージやイラストなど、2人人らしさを形にするアイディアを新郎新婦で出し合って、

素敵なウェルカムボードを手作りしてみるのも素敵です

結婚式アイディア③プチギフトを手作り

最近では結婚式のお見送りの時に渡すプチギフトを手作りすると言う新郎新婦も増えてきましたね。

筆者も結婚式のプチギフトで手作りのアイシングクッキーを頂いたことがあるのですが、

結婚式をモチーフにしていてとっても素敵なデザインでした。

他にも石けんやオリジナルのチロルチョコ、ポプリなどをプチギフトとして手作りする案もありますね。

何気ない市販品でもラッピングを手作りするだけで雰囲気がぐっとおしゃれになる場合もありますので、ぜひ試してみて下さい。

結婚式アイディア④席次表を手作り

受付で渡されることの多い席次表を、可愛くおしゃれに手作りするというアイディアも素敵ですよね。

席次表って一般的にはテーブル名と氏名が書かれているだけのシンプルな物が多いですから、

ちょっと手作りで手を加えるだけでも個性をアピールすることができると思います。

一枚の紙をくるくると巻いてリボンをかけて宝の地図風にしたり、

2人の写真をふんだんに使った席次表にしたりと、色々なアイディアが考えられますね。

最近では席次表を作らず会場入り口に席次ボードを置くと言う方法を取るカップルもいるそうです。

大き目のボードに名前と写真を貼りつけた席次ボードなら、

ゲストの目を引く素敵なウェルカムボードとしても使えそうな手作りアイディアですね♪

結婚式アイディア⑤席札を手作り

ゲストの席におかれる席札を手作りすると言うのも、結婚式の素敵なアイディアだと思います。

席札は既製品でも、そこに新郎新婦がオリジナルのメッセージを一人一人に手書きで書きこむという演出も一つの手作りアイディアですよね。

席札はアイディア次第でユニークにも、可愛くも、おしゃれにも演出することができるアイテムなので、

ぜひゲストが持ち帰りたくなるような席札を手作りしてみてはいかがでしょうか?

結婚式アイディア⑥リングピローを手作り

結婚式で使うリングピローを手作りすると言うカップルも最近は多いようです。

リングピローとは結婚指輪の交換の前に指輪を乗せておく台のことで、小さいクッションのようなものですね。

裁縫に慣れていない男性だと難しく感じるかもしれませんが、ある程度縫い物慣れしている女性であれば、そこまで難しくは無いと思います。

カップルが結婚式のために力を合わせてリングピローを作る。これもとっても素敵な思い出になりそうですね♪

番外編:結婚式のアクセサリーを手作り♡

結婚式に使えるようなアクセサリーを手作りして、結婚式や披露宴でサプライズプレゼント。

その場で付けてもらうなんて演出ができたら、あなたは間違いなく妻想いの男性だと言えるでしょう。

ドレスに合わせてオリジナルのアクセサリー

特にピアスなどであれば比較的簡単に作ることができるので、こっそりプランナーさんに相談しつつ、挑戦してみるのもおすすめです♪

結婚式を手作りアイディアで素敵な思い出に

結婚式を手作りのアイディアで素敵な思い出として残すためには、結婚式前の準備や段取りをきちんとしておくことが必要不可欠になります。

未来のパートナーとして、夫として、頼れる男になるために、結婚式準備の段取りは進んで計画できるようにしたいですね。