受付や挨拶で結婚式を気持ちよく始めましょう

人生の中でも非常に重要なイベントの一つである結婚式。

そんな結婚式にゲストとして参加するからには、新郎新婦の二人をしっかりと祝福し、

お互いに結婚式を最高の思い出と出来るようにゲストでありながら協力したいものですよね。

結婚式に参加する際には時には受付に立って、参列する方に挨拶することを頼まれることもあるかもしれません。

とはいえ、急に受付を頼まれてもちゃんとマナーを守って受付が出来るかどうか不安ですよね。

今回はそんな結婚式での受付と挨拶のマナーをご紹介いたします。

結婚式の受付挨拶のマナー

挨拶をしてからご祝儀を渡す

参列者として受付に向かう際には、まず一言「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を述べるのがマナーとなっています。

この時に自分が新郎新婦どちらの友人であるかを受付の担当者に伝えておくと担当者も対応しやすくなるので、

必ずやらなくてはならないマナーではないですが申し出るようにしましょう。

その挨拶をしてからご祝儀を渡すようにしてください。ご祝儀は袱紗というものに包むのがマナーです。

ご祝儀をむき出しで持って行ったり、そのまま持ち歩くのは袋が傷む原因となるので注意してください。

袱紗の色と取り出すタイミング

ご祝儀を包む袱紗は色によって適した場というものがマナーとして決まっているので、

間違った色の袱紗をもっていかないように注意しましょう。

赤やオレンジなどの暖色系の袱紗は慶事用、黒や紺などの寒色系の袱紗が弔事用です。

必ず覚えておいてください。また、紫の袱紗は慶事でも弔事でも使える色の袱紗となっているので持っておくのも良いかもしれません。

さらに袱紗からご祝儀を取り出すタイミングにもマナーがあります。

袱紗からご祝儀を出すのがご祝儀を渡す直前となっています。表書きを相手が読みやすくなるように向きに気を付けて渡してください。

芳名帳を記入して会場へ

受付で挨拶をし、ご祝儀を担当の方に渡したら次は芳名帳やゲストブックに名前を記入します。

この時に気を付けるのはとにかく丁寧な字で書くことを心がけること。

自分の字が汚いからと言って他の人に代理で書いてもらうのはマナー違反ですので、

必ず汚くても自分の字で芳名帳に名前を書き込んでください。

受付に立った時に覚えておきたいこと

受付の責任感をしっかり持つ

受付を新郎新婦から任された場合は、まず何よりも先に両家の親族挨拶をしておいて自分が受付をするという旨を伝えておきましょう。

そして髪型や服装は明るく爽やかな物にして、受付に来た人に悪印象を与えないように気を付けてください。

受付係というのはその家の代表としてゲストからご祝儀などを預かる大切な役目です。

その家の顔としての責任感とマナーの知識をしっかりと持って受付係をしないと、

自分だけではなく新郎新婦を含む家族全員が恥をかくことになるので責任感を忘れないようにしましょう。

ご祝儀をしっかりと管理する

結婚式ではご祝儀などによって大きなお金が受付の前で動きます。

受付で預かったご祝儀を誰に預けて保管するのかをしっかりと把握しておかなくてはなりません。

間違いがないように相手方の受付の方とも打ち合わせをしておいてミスが無いようにしておき、

確実に新郎新婦にご祝儀が届くようにしましょうね。

トイレの場所など会場内のことを覚えておく

受付をしていると時にはトイレや休憩所などの場所を聞かれることもあります。

そういったことにも対応できるように事前にトイレなどの場所を把握しておき、

場所を聞かれてもすぐに答えられるようにしておいてください。

これも受付の立派な役目なので怠らないようにしましょう。

結婚式での受付係の流れ

早めに会場に到着して事前打ち合わせ

受付の仕事は結婚式が始まる前からスタートとなります。

出来るだけ早めに会場に着き、事前に相手方の受付や新郎新婦などと打ち合わせ、

さらに事前にトイレの場所などを聞いて聞かれても答えられるようにしましょう。

受付を開始する

事前打ち合わせも終わり、時間になったら受付を開始してください。

前述の通り責任感を持って受付という仕事を全うし、恥をかかないようにしてくださいね。

遅刻している人が居たら受付に残って対応する

参列者の中に遅刻者がいる場合は、受付係を1,2人残して遅刻者に対応してください。

もしそれでも来ない場合には、開園直前に式場のスタッフの方から声を掛けられるので、

そこで受付を閉めて自分も式に参加しましょう。

結婚式の受付は挨拶が大切です

以上、結婚式での受付のマナーや受付を任されたときについてご紹介してまいりました。

受付は挨拶から始まるものです。

結婚式の受付から気持ちの良い挨拶をして、思い出に残る結婚式を作り上げてくださいね。